オーガニークのアサイー

Organique®では、アサイーをご家庭の食卓でも手軽にお楽しみいただくため、常温保存可能で、毎日少量ずつどんな食品にでも混ぜて使うことが出来る「フリーズドライ粉末」、そしてスキンケア製品としての活用が期待されている「アサイーオイル」に特に注目し、製品開発を行なっています。

アサイーパルプ(果肉と果皮)から抽出したプレミアムオイル、それがアサイーオイルです。 通常、植物性オイルは油分が多い植物の種子から搾油されるのが一般的(種子油)ですが、アサイーオイルはアサイーベリーの大半を占める種子ではなく、種子を取り除いてわずかに残った高栄養なパルプ(果肉と果皮)のみから抽出した「果実油」で、遠心分離によってパルプから油分を分離し濾過するというシンプルな製法で抽出を行なっています。 化学溶剤やその他の不純物が混入する恐れもなく、自然の恵みをそのまま活かしたオイルです。

こうして抽出された濃い緑色のアサイーオイルは、高い保湿作用とエモリエント作用を持ち、すぐに肌に浸透していくような使用感とべたつきが少ないのが特徴です。 使用後はしっとりと吸い付くような肌の質感にその違いが感じられ、Organique®の直営サロンではこのオイルを使用したフェイシャルトリートメントが人気を博しています。 脂肪酸組成はオリーブオイルと似ていますが、ビタミンEはオリーブオイルの約5倍、フィトステロールがアルガンオイルの約2倍含まれるなど、栄養価に優れ、ベータカロテンなども含有しています。

Organique®は日本で初めて本格的にアサイーオイルを使用したスキンケアを製造販売した国産アサイースキンケアのパイオニアで、アサイースキンケアシリーズのほとんどの製品にアサイーオイルが活用されています。

オーガニークのメディア掲載

オーガニーク公式オンラインストア on yahoo

Organique®のピュアアサイーパウダーFDは、アサイーピュレをフリーズドライ(凍結乾燥)で粉末化した食品です。 アサイーには水溶性成分の他にも、脂溶性成分、不溶性(固形)成分などが多様に含まれており、私達はそれこそがアサイーの食品としての魅力であると考えます。 清涼飲料水やサプリメントでは、水溶性エキスが用いられることが多いのですが、私達は水分以外のほぼ全ての栄養価がそのまま活かされた加工法である「フリーズドライ」にこだわっています

他のフリーズドライ粉末との違い

Organique®のアサイーフリーズドライ粉末「ピュアアサイーパウダーFD」は、他社の粉末と比べると一目瞭然です。 他社の粉末が鮮やかな紫色で比較的サラサラとしているものが多いのに対し、「ピュアアサイーパウダーFD」は黒く、触ると脂肪分でベタベタ、食物繊維でザラザラとしています。
口に入れていただければ、さらにその違いはよくわかります。 もともとアサイーにはそれほど酸味はありませんが、保存性を向上し、発色を良くするために多量にクエン酸などを加えているケースがあり、そういった粉末は、口に入れるとかなり強い酸味が感じられます。 しかし、「ピュアアサイーパウダーFD」にはほとんど酸味はありません。 代わりに、ポリフェノールによる渋みがしっかりと感じられることと思います。
黒くてベタベタザラザラ。
しかし、これこそが、Organique®のこだわりなのです。