アマゾンのフルーツ アサイー

近年、日本でもドリンクやスムージー素材、アサイーボウルなどで知られるようになったアマゾンのスーパーフルーツ「アサイー」。 日本でアサイーが認知される以前よりアサイー製品の日本向け輸入に携わってきた私達は、他社に先駆けてアサイーの栄養価を活かしたフリーズドライ粉末の食材利用を提案し、さらにアサイーを活用した国産オーガニックスキンケア製品の開発を進めてきました。 Organique®では、「食生活」と「スキンケア」の両方でアサイーを活用し、体の内側と外側、両面からアサイーを役立てることをご提案します。

アサイーはブラジルのアマゾン川で自生しているヤシ科の植物。 赤道直下のアマゾンの過酷な環境で育ったアサイーは、その実(アサイーベリー)にたくさんの栄養価を蓄え、「完全食に最も近いフルーツ」とも評されます。 直径1cmほどの実のほとんどを固い種子が占めており、可食部のパルプ(果肉と果皮)はわずかに5~10%程ですが、このわずかな部分にポリフェノールや必須脂肪酸、アミノ酸、ビタミンミネラルなどがたっぷりと詰まっています。
アサイーは大変傷みやすく、生のままでは流通できないため、加工・保存・物流が発達するまでは、現地に住む人だけが口に出来る伝統食でした。 しかし、近年その素晴らしい栄養価と機能性が知られるようになると、美容先進国アメリカで一躍脚光を浴び、今日では美と健康に役立つスーパーフードとして日本でも認知されるようになりました。

オーガニークのメディア掲載

オーガニーク公式オンラインストア on yahoo

栄養価が豊富で「スーパーフルーツ」とまで呼ばれるアサイーですが、特にアントシアニンなどのポリフェノールが多く含まれることは良く知られてます。 アサイーの果皮が濃い紫色をしているのはこの色素であるアントシアニンを含むためです。 その量はポリフェノールを多く含むと言われる「ビルベリー(ヨーロッパブルーベリー)」や「赤ワイン」などよりも遥かに多く、これによって高い抗酸化能を有することがわかってきています。

また、「卵(アミノ酸スコア:100)」に近いバランスのアミノ酸組成を有し、100g中約10gがタンパク質(※)という、優秀な植物性タンパク源です。 ブラジルでも日本でも、多くのアスリートが体作りのためにアサイーを愛食しています。

アサイーには良質な脂肪分も多く含まれており、その脂肪酸組成はオリーブオイルに似ていますが、ビタミンEは5倍も多く含んでいます。 牛乳の3倍ものカルシウム(※)、ほうれん草の5倍の鉄(※)を含むなどミネラル豊富で、ビタミンB群も多く含んでいるアサイーは、完全食に近い食品である言われる卵や牛乳にも劣らないスーパーフードなのです。

※アサイー凍結乾燥粉末(ピュアアサイーパウダーFD)を使用した自社調べ。